エピソードアーカイブ

技術

13 エピソード

第7節 次代を見据えた独創チャレンジ

オフを楽しむヤマハライダーを応援する「bLU cRU」や、米国で人気のヤマハ・デモ・プログラム、そして二輪EVの次世代を提唱するプロトタイプ「PED2」まで。ヤマハのオフロードへの挑戦は、津々浦々のシーンで続く。

[...]
このエピソードを見る

第6節 情熱が生んだオフプレジャーラインナップ

1980年誕生のPW50は、オフロードモデルの単なるミニ版ではなかった。米国での子供たちへのクリスマスプレゼントを想定した可愛さの中に、扱い易さを求めた開発陣の思いがあった。オフロードマニアが開発した最も小さいロングセラーPW50、その原点に迫る。

[...]
このエピソードを見る

ATTRACTING PEOPLE – IBM BlueHub Phase 2

ついに迎えた、プログラムの集大成Demo Day。第2期スタートアップ企業5社は、BlueHubでの半年間の日々を経てどう変わったのでしょう。いま新たな一歩を踏み出そうとする若き挑戦者達の姿をご覧ください。

[...]
このエピソードを見る

第5節 4ストモトクロッサーーの衝撃

最初は誰も信じなかったが、今では世界基準となった4ストYZ開発の物語。

[...]
このエピソードを見る

BOLDNESS-IBM BlueHub Phase 2

投資家向けプレゼンテーション Demo Dayに向けて、その準備を進める第2期スタートアップ企業5社と彼らを支えるメンター達。「スタートアップにとって、時には大胆にそして純粋に失敗を恐れずにチャレンジすることが大切である。」メンターの言葉を胸に、半年間彼らはどのようにもがき前進してきたのでしょ[...]

このエピソードを見る

THE ABILITY TO CARRY THROUGH -IBM BlueHub Phase 2

投資家向けプレゼンテーション Demo Dayに向けて、その準備を進める第2期スタートアップ企業5社と彼らを支えるメンター達。「何事も最後までやり遂げないとわからない」というメンターの言葉を支えにDemo Dayをあくまで通過点と捉えながら、更にその先にある「最後」に向けた長い道のりを歩む彼ら[...]

このエピソードを見る

“Startup 5 Innovations -IBM BlueHub Phase 2- “

IBM BlueHub第2フェイズの採択スタートアップ5社が考えるイノベーションの形を紹介します。5社は試行錯誤しながらイノベーションを起こすべく奮闘中。ぜひお気に入りの起業家を見つけて応援をお願いします。もっとスタートアップの皆さまがInnovationを生み出せるよう、IBM BlueHu[...]

このエピソードを見る

第4節 もうひとつの記号“テネレ”

XT500から始まるヤマハのアドベンチャーカテゴリー開拓ストーリー。それはジャン・クロード・オリビエのパリダカールラリー挑戦と「XT600 Tenere」の発売によって花開いていった。

[...]
このエピソードを見る

第3節 モノクロスサスペンション 誕生の軌跡

1973年、ヤマハ発動機は”モノクロス・サスペンション”を開発し、250ccモトクロス世界選手権タイトルを獲得。その後このサスペンションは世界の基準になっていく。

[...]
このエピソードを見る

第2節 DT-1誕生

ヤマハ発動機初のオフロードモデルDT-1は、1967年10月アメリカのディーラーミーティングで初披露され、その後、日米で空前の大ヒットとなる。トレールというジャンルを切り開いたDT-1誕生の道のりを振り返る。

[...]
このエピソードを見る

第1節 YZ250FX、WR250Fという結晶

新ジャンル開拓と新技術へのあくなき挑戦で常にオフロードバイクのフロンティアで有り続けるヤマハ。DT-1発売以来47年間のそのオフロード開拓史を全7話にわたってWeb連載。

[...]
このエピソードを見る

Moving You Vol. 7 “メイド・イン・モーリタニア 国境を越えた師弟関係”

モーリタニア北部の港町に完成したばかりの造船工場。ここでは人びとの大きな期待を背負って、地域の産業振興を担う新型漁船の造船が行われています。この新工場で造船の指導を行うのは、職人気質の熟練日本人技術者。時には厳しく、時には包み込むようなやさしさをもって、船づくりの難しさとそれを乗り越えた時の感[...]

このエピソードを見る