Reading Aesthetics 閱讀美學

3 エピソード

由台北歷史建築改建成的圖書館——VVG Chapter 好樣文房落成,為推廣閱讀文化,製作三部以人物為主的短片,分別是習武少女、廣播節目主持人、台灣茶店主,探索各種閱讀的態度。台北の歴史的建造物を改修して作られた図書館「VVG Chapter 好樣文房」のオープンと共に公開された。中国武術を習う少女、ラジオDJ、台湾茶店主が出演し、それぞれの心を支える読書体験を表現する、3つの短編コマーシャルフィルム集。

Reading Aesthetics 閱讀美學 / chap.#1 鍾淳 國中三年級

沈浸於肢體躍動感的習武少女,在書本中尋求更多知識,最喜愛的書是母親兒時所閱讀的散文作品。

身体を動かすことが大好きなカンフーガール。彼女は本を読むことも好き。好きな本は、母が子供が読んでいた本でした。

[...]
エピソードを見る

Reading Aesthetics 閱讀美學 / chap.#2 Derjk 吳宗祐 藝術管理顧問

擔任藝術顧問及廣播主持人,喜愛獨自閱讀的時刻,認為書本能開啟更多對於人生的思考及道路。

アートコンサルトであり、ラジオMCでもある男性。読む時間を愛し、書籍はさらに多くの思考や人生の道を開いてくれると信じています。

[...]
エピソードを見る

Reading Aesthetics 閱讀美學 / chap.#3 何健 冶堂

喜愛古器物及茶文化,認為紙本書籍不同於電子媒介,閱讀紙本時能感受到感官上的豐富層次。

 

骨董と茶文化を愛する人。紙の本は電子メディアと異なり、豊かさを感じることができます。

[...]
エピソードを見る