Blog



京都へ。車窓から見える人々の暮らしを観察していると何百回通っても飽きない。けれど、海外から帰ってくるとスケールが変わるのか、ボヤけてしまう。僕らの仕事には少々痛い。そして慣れたころには、また異国へ。(Nino) #chancemaker



撮影終了。世界一の現場を撮らせてもらえて本当に楽しかった。映像を再開して1年。いい感じ。本物を撮り続けてよかった。さよならザクセンリンク。 (Sachsenring Circuit)



決勝前に休憩するメディアたちとアンブレラガール。 (Sachsenring Circuit)



速いのです。すごい人間たち。 (Sachsenring Circuit)



10万人が集まる世界最高峰のレースと、希代のスーパースターを撮らせてもらえる光栄を噛み締めながら現場へ。3日目。 (Zwickau)



今回の撮影現場はイタリア人ばかりなのでドイツにいながら何故かイタリア料理をずっと食べている。だから今日は中華を食べようと旧東ドイツの街でホンコンパレスという店に入ると店主はベトナム人で中華料理とタイ料理を出していた。英語が一切通じないので、料理を無理矢理頼む。美味しかった。けれど、けっきょくこれは何料理だったのだろうか。。釈然としないが美味しかった。 (Hong Kong Palast)



ザクセンにて撮影開始。 (Sachsenring Circuit)



シュバーネンタイヒの湖畔。 (Zwickau)



シュヴーネンタイヒ公園。湖畔へのエントランスが良い。 (Zwickau)



ドレスデンから車で1時間。到着。Zwickau, Germany (Zwickau)