Blog

_Z6A2479_4



みなさん、こんにちは。
CHANCE MAKERの監督 二宮です。
Moving You Vol.7の予告編が本日公開されました。

今回の舞台は、北西アフリカのモーリタニア。
モーリタニアと聞いてなかなかピンと来ない場所と思いますが、
実は日本と縁のある場所であります。

ある人は、モーリタニアと聞いてスーパーの魚売場を思い浮かべるかもしれません。
そうです、モーリタニアといえば「タコ」です。
モーリタニアの水産物輸出の9割近くがタコです。
その輸出量のほとんどが日本向けです。
モーリタニアがタコを輸出し始めたのは、ごく近年の出来事であり、
その背景には日本人が大きく関わっています。

もともと、モーリタニア人はサハラ砂漠を移動するノマド民族です。
隣接する大西洋は、稀に見るに豊かな漁場でありながら、
彼らは漁をする文化を持たなかった。
Moving You Vol.1で行ったセネガルは、漁と魚食の文化がありますが、
国境を越えると、人と海との関係は薄くなります。

1970年代ごろから、豊かな漁場がありながら、砂漠を好むノマド民族とのギャップを
埋めて経済発展をもたらそうと日本人たちがモーリタニアのサポートを続けています。

タコ漁の方法を教えたのも日本人。
港に停泊する3000隻以上のカヌー型漁船の作り方を教えたのも日本の企業 (YAMAHA)。
市場の建設、市場の運用指導、水産学校の建設も全て日本の援助であり、
人々が教育をうけるノウハウのほとんどが日本で培われたものです。

日本にいると当たり前になってしまいますが、
モーリタニアにいると、日本人がいかに海と共に生きてきたかを改めて感じることができます。
こうやって他国の経済に、海に生きた多くの日本人のノウハウが移転され活用されていることは
感動的です。

そして、いまこのモーリタニアの海は、次のフェーズを向かえつつあります。
今回の映像はその物語。

モーリタニア政府は、これまでカヌー型、タコ漁中心だった造船形態から、
漁のバリエーションを増やすことのできる、新たな造船形態を求めヤマハ発動機に技術援助を依頼しました。
そこで、新たな船を造船するためにモーリタニアに招聘されたのが、ヤマハ発動機の野崎さん。
長崎県天草の船大工の家に生まれ、木造船から、最先端のレースヨットまで造船を知り尽くした野崎さんが、
造船がない国にそのノウハウを伝えにいきます。

宗教、文化、言語の違いをどうやって越えるのか。さまざまな困難を前にして、それでも彼を突き動かすものは何なのか。
私たちは撮影中に、忘れてはいけない大切なものを沢山発見することができました。

世界からすると、小さな船ですが載せているものは、とても大きい。
モーリタニア人と日本人の想いを載せて、モーリタニアの海を駆けます。

本編の公開は5月末。まずは、予告編から御覧ください。
どうぞ、お楽しみに。


We are now presenting the trailer of Moving You Vol.7!

This time we invite you to the Islamic Republic of Mauritania in the northwest Africa, the country of desert and the Atlantic Ocean.

Here, you will meet Tsuneshige Nozaki, a Japanese shipbuilding expert. Nozaki was born in Nagasaki as a son of shipwright. His expertise covers from a wooden vessel to a cutting-edge racing yacht.

What brought Nozaki to Mauritania, where language, religion and culture are quite different from those of Japan? What makes him to tackle with all the challenges he faces ?

Traditionally, the vast Sahara desert has been the nomadic Mauritanians’ home, whereas the affluent Atlantic was unknown place for them. Fishing was not included in their cultural reservoir.

In 1970’s Japan initiated projects to support Mauritania’s economical development by exploiting the country’s affluent marine resources.

The Japanese company YAMAHA taught how to build more than 3000 canoe-shape fishing boats. Many Japanese technologies and know-hows are introduced: Building and running seafood market facilities, building a fisheries school. Japanese also taught them octopus fishing. Mauritanians started to embark on the sea !

Nowadays the name of Mauritania must be familiar to many Japanese, for they often see it in their neighboring supermarkets. They know, as seafood lovers, that Mauritania exports octopuses to Japan. As a matter of fact, octopus, which occupies nearly 90 % of Mauritania’s seafood exports, is mostly headed for Japan.

The development is now seeing a new phase. In response to the Mauritanian goverment’s request for technical support in order to diversify fishing activities, YAMAHA sent its shipbuliding expert Nozaki to Africa.

We have witnessed many precious moments while shooting this video. We wish you could share them with us and recall once again what a giant matter a small boat can carry!


Trailer – Moving You Vol. 7 “メイド・イン・モーリタニア 国境を越えた師弟関係” (Japanese)

Trailer – Moving You Vol. 7 “メイド・イン・モーリタニア 国境を越えた師弟関係” (Japanese) from Yamaha Motor Moving You on Vimeo.

Trailer – Moving You Vol. 7 “Made in Mauritania: An Instructor-trainee Relationship without Borders” (English)

Trailer – Moving You Vol. 7 “Made in Mauritania: An Instructor-trainee Relationship without Borders” (English) from Yamaha Motor Moving You on Vimeo.

YAMAHA MOTOR “Moving You”
global.yamaha-motor.com/jp/yamahastyle/movingyou/ (Japanese)
global.yamaha-motor.com/yamahastyle/movingyou/ (English)

Produced by CHANCE MAKER Film Connections
Director: Hiroo Ninomiya (CHANCE MAKER , INSPIRING PEOPLE & PROJECTS)
Cinematographer: Masato Indo (OBSERAI , INSPIRING PEOPLE & PROJECTS)
Original Music: Takeo Toyama